FXの規制は国によって違う

FXの取引で個人投資家が投機的な取引を行うことによって大きな損失を抱えることが多くなり、これを規制しようと動きが強まりました。

それによって25倍までのレバレッジに制限されたのです。

このような規制は海外にはあまりないようです。

日本人が為替に対して敏感であることや、投機的な取引を好むことを象徴していると考えられます。


しかしながら、正しく分析をして予想の的中率を高められるのなら、レバレッジは高ければ高い方が良いです。

このような人にとって、レバレッジに関する規制は好ましくはないでしょう。



もしもそう考えるのなら、ほかの方法をとることもできます。

その一つが海外業者の利用です。

トルコリラの性質も見てみましょう。

規制はそれぞれの国が法律に基づいて定めていますから、国が異なれば規制は異なります。

FXに対する規制が緩い国で取引をすれば良いのです。インターネットが普及したことによって、海外の業者を通じて取引することは難しくはなくなったと言えるでしょう。もちろん、言語の壁はありますから、語学力に自信のある人でないと難しいのですが、最近では日本語のサポートがありますから、これらを利用することによってハードルは下がったと考えられます。



ただ、海外の業者の中には悪質なものもありますから注意が必要です。
日本は規制が強い国なのですが、規制の目的は個人投資家を守ることだという点には注意が必要だと言えるでしょう。
個人投資家を守るための規制がないために、FXはリスクが高いと考えられるのです。